テレビ天吊り金具の種類

天吊り金具は天井から金具を吊り下げ、液晶TVなどの重さが軽いものを設置するために使う金具です。テレビ天吊り金具の種類は、吊り下げるテレビの重さにより、小型・中型・大型に分けられます。

テレビ天吊り金具は主に3つの部品から構成され、本体セット・テレビ取り付け金具・吊り下げパイプからなります。
取り付けるテレビの重さと、天井からコンクリート等の躯体までの長さに応じてそれぞれの部品が決まります。

テレビを吊り下げることによって、部屋の中でテレビを見ることができる範囲が広がり、部屋の美観の向上も期待できます。
テレビを設置するための平面的な場所をとらないために、部屋を別の用途に有効に使うことができます。

テレビを天井部分から吊り下げるためには、天井の構造と建物のスラブの構造を知る必要があります。
建築物の天井は一般に躯体といわれるスラブから金物で吊り下げられています。
その金物は天井の荷重には耐えることができても、テレビの重さには耐えることができないのが普通です。

天井からテレビを吊るためには、躯体にまで吊り金具を延ばしてテレビの荷重を支える必要があります。
天井から躯体までの距離が離れている場合は、地震による揺れの影響を和らげるための振れ止めを設置する必要もでてきます。テレビを天井から吊るためには、躯体に支持金物をきちんと設置しなければならず、専門知識の無い人が、天井仕上げに直接金物を取り付けただけでテレビを設置することは危険です。

壁掛金具の選び方と探し方について