エアコン業界における家庭用エアコンの海外での日本メーカーのシェアについて

エアコンは日本だけでなく海外でも一家に一台の割合で普及しているものですが、海外に於いても家庭用エアコンでは日本のメーカーが高いシェアを誇っています。その理由は日本の家電の特長である堅牢さと省電力が大きなポイントとなっています。
最近では世界中でCO2削減が大きな課題となっており、様々なところで省電力や排出ガスの低減、そして冷却効率の向上等が要求されています。その意味では、日本のメーカーの家庭用エアコンの省電力機能や冷却効率の高さは群を抜くものが有り、これが海外に於いても高いシェアに繋がっているのです。
海外では日本に比べ一部屋一部屋が広い上、住宅の断熱性も低い所が多いため、日本よりも冷却効率が高い事が求められることが多いものです。しかし、海外のエアコンの多くは冷却力が大きな物が多く、そのため高出力で一気に部屋を冷却する事がエアコンの性能が高いと考えられていました。
しかし、日本のエアコンでは低消費電力で高い冷却効率を上げるため、センサーなどを効果的に用いて部屋の温度の高い部分だけを重点的に冷やしたり、さらには人の体温を分析して冷房温度を自動で変化させるなどの機能を持っているのが大きな特長です。その為、海外のエアコンに比べ消費電力が低く、また効率の良い空調が可能であるとして世界中で高い評価を得ています。
しかし、近年では海外のメーカーも日本のエアコン同様省電力型のものを多数発売しそのシェアを高めており、今後も省電力型の家庭用エアコンが普及を続けていくと考えられます。

Just another WordPress site