テレビの壁掛けを自分で行う

薄型テレビは、従来のブラウン管とは違って場所を取らず重量も軽くなりましたので、配置の方法で自由度がかなり高くなりました。特に特徴的なのが壁掛けにできることで、これならほとんど場所を取りませんのですっきりと収納できる分部屋を広く使うことができます。

テレビを壁掛けにするには専用の金具がありますが、これをそろえれば自分で設置することも可能です。テレビを壁に埋め込んでフラットにするような場合は工事が必要になりますが、壁にかけるタイプなら、壁側に取り付けるパーツとテレビ側につけるパーツを用意すれば設置が可能です。通常はセットで販売されていますので、それをそろえて取り付けます。これには角度を変えられるものと、壁に固定して掛けるものなどがありますので、用途に合わせて使うことが可能です。

テレビの背面の中央部分に、通常は4つのねじ穴が取り付けられています。この穴の位置はインチ数で違いますので、あらかじめ控えておいてから部品を購入します。これが合わないと取り付けできませんので注意が必要です。

取り付ける金具は専門店やインターネットで購入ができますので、メーカーやテレビの名前とインチ数に合うものを選んで注文します。一度壁掛けで設置すると移動ができませんので、配置については十分に検討の上で取り付けてください。

なお、取り付け作業には落下によるテレビの破損や人体への障害などの危険がありますので、2人以上で設置される方が安全です。また取り付け後も落下しないように、きっちりとねじ止めなどを行う必要があります。

壁掛金具の選び方と探し方について