2016年に購入したい最新テレビのオススメポイント

テレビの購入を考えているのであれば、店頭にわずかに残っている型落ち商品ではなく、最新機種がオススメです。

型落ち商品は価格が安くなっていることが魅力ですが、最新機種も十分安いうえに性能が大きく向上しているのです。

発売されたばかりの最新機種は、4K性能がオススメポイントです。

フルハイビジョンよりも遙かに高画質な映像を映し出せる4Kは有名になってきていますが、一般家庭に4K対応のテレビが置かれていることはまだ多くありません。しかし、2016年現在では美しい4K映像を楽しめる機種が比較的安い価格で売り出されているのです。まさに、今が購入のチャンスだと言えます。

4Kテレビとは、横3840ピクセル×縦2160ピクセル以上の画素数を表示できる機種のことを指します。従来のフルハイビジョンは2Kと表現されるように、横1920ピクセル×縦1080ピクセルしか表示できません。
4Kと2Kは画素数で比較すると2Kが約207万画素であるのに対し4Kは約829万画素になります。アナログテレビからフルハイビジョンテレビに移行したときは画面の綺麗さに驚いた人が多かったですが、4Kに移行すると再びその驚きを実感できるはずです。
また、4Kテレビは大画面化が進んでおり、40インチ以上がほとんどで、55インチや60インチも珍しくないのです。それだけ大きな画面で高画質な映像を見ると、圧倒的な臨場感を楽しめるのです。

2016年にテレビを購入するなら、4K対応がオススメなのです。

壁掛金具の選び方と探し方について