壁掛けテレビにできる壁を調べる

昔のブラウン管型や、以前の重量のあるものと違って、今のテレビは大型であっても、とても薄く軽量化されていますので、台の上に置かずに壁掛けにすることが出来れば、スタイリッシュなお部屋づくりに役立ちます。

また、テレビ台を置くスペースが必要でなくなれば、お部屋が大きく感じたり、毎日のお掃除もしやすくなりますから、やっぱり壁掛けにして良かったと思われるに違いありません。

ところで、テレビを壁掛けにしたいと考えても、壁によっては掛けることが出来ない場合もありますので、まずは出来るかどうかを調べてみると良いでしょう。

一般的には、設置場所の壁が石膏ボードか、木材の壁であれば、テレビを壁掛けに出来る可能性が高いといえます。
ただし、壁材の厚みなどの関係で難しい場合も考えられますので、しっかり調べて判断しましょう。
壁材として考えられるものとしては、前述の石膏ボード、木材のほかには、コンクリートや土壁、砂壁があります。

コンクリート壁は、コンクリートアンカーなどを使えば、テレビを壁掛けにすることがまったく不可能だというわけではありません。
しかし、土壁や砂壁は崩れやすいなどの理由で、基本的にはテレビを壁掛けにすることには適していません。
けれど、個々の事情によって可能であることがまったくゼロであるということでもありません。

要するに、自己責任での壁掛けテレビの設置が無理であれば、専門家に見てもらって設置してもらうほうが安心できるということでしょう。

壁掛金具の選び方と探し方について