インテリアとしての壁掛けテレビの利用法

液晶テレビが普及し非常に薄型になったことで、その置き場所に対する感覚も大きく変わりました。
壁掛けに出来ることから部屋のインテリアの一部として活用する人が増えたためです。
従来のテレビというと奥行きが非常にあったため、その置き場所は非常に限られていました。
これまでもインテリアの一部としていい気な棚の中に収納したり、台の上に載せたりして配置していた人も多かったのですが場所を塞いでしまうため、その置き場所は合う程度決まってしまう部分が有りました。

壁掛けにすることでその置き場所の自由度は非常に広がりました。
なんといっても薄型で場所を取らないので、壁に絵を飾る様な感覚でテレビを設置することができるため、部屋のレイアウトに併せて自由に配置できることが魅力です。
このように壁掛けにすることで良い面は非常に多いのですが、デメリットもたくさんあります。
その一つに、壁に固定することになってしまうので向きが変えられないという点があります。
また、従来はビデオデッキやその他を同じラックに収納してすっきりと納めることができましたが、壁掛けテレビの場合にはそのような周辺機器の配置を別途考える必要があります。
また、液晶テレビは思いのほか重量が有るので、テレビを取り付ける壁の強度を十分確認し、必要に応じ壁を補強するなどの対策を講じる必要があります。
壁掛けテレビは部屋をすっきりと見せるためのインテリアとしての効果は非常に高いものですが、このようなデメリットを十分考慮した上で行うことが大切です。

壁掛金具の選び方と探し方について