業務用エアコンと家庭用エアコンの電気代を比較

エアコンは電気代の計算がとても難しいのです。なぜかというと、契約の仕方や会社、使用する部屋の大きさ、外の空気の温度、などの条件が各家庭やオフィスで異なるからです。なので、下記の2つの比較はあくまでも例であって、必ずしもそうなるとは限りません。
1つ目は、消費電力です。家庭用エアコンは、普通は一般家庭のリビングなどの、ある程度限られた空間で使用されます。しかし、業務用エアコンの場合、オフィスや工場などの広いところで使われます。となると、それだけの量の冷暖風を出さなければなりません。さらに、オフィスなどでは、OA機器などがたくさん使われ、部屋の温度が高くなるため、もっと多く動力が必要になります。そのため、業務用では家庭用の約2倍ほどの電力を使用します。
2つ目は、電力契約の違いです。電力契約には、代表的なものとして、電灯契約(単相契約)と低圧契約の2種類があります。電灯契約は、基本料金が安いのが魅力で、家庭内で使うだけであれば、こちらの方がお得になります。一方、低圧契約は簡単に言うと、使えば使うほどお得になる、というようなものです。業務用は一度に大量の電気を消費し、ほぼ一日中使い続けるので、こちらの契約をするほうがお得になるということです。
本題の電気代の比較ですが、年間でいうと家庭用は約1万円弱、業務用は約4万円ほどになります。(もちろん一例ですが)料金としては、業務用の方が4倍ほど高くなるのですが、使う部屋の広さや時間を考えると、意外と業務用のほうがお得だったりするということです。

Just another WordPress site