家庭用エアコン三菱のエアコン、霧ヶ峰の特長とは

家庭用エアコンである三菱のエアコン、霧ヶ峰の特長ですが、部屋が温まっているかどうかだけでなく、その部屋の中にいる人に反応して、その人が快適かどうかをきめ細かく判断し、温度を見張りつつそこにぴったりな快適な風を送ることが出来るのです。
霧ヶ峰の赤外線センサーは、その部屋にいる人間の身体の部位の温度まで確認しています。
部位の表面温度は体温計と同じで0.1度単位で測っています。
手先や足先が冷たいなどの温度や、部屋の寒い場所に人がいる、いないなども見分けることが可能です。
同じ室温であっても人によって暑いと感じたり、寒いと感じることがあり、体感温度が違うことが多いと思いますが、霧ヶ峰はそういった心配がないのです。
また天井や壁や床の熱を見たり、日射熱の影響を見たり、人がよくいる場所を学習したりも行っています。
省エネ性能も追求しています。
ハイブリッド運転という、センサーが体感温度にあわせて、扇風機とエアコンの機能の良いとこ取りの機能を持ち合わせています。
例えば気温の低い朝などは自動で爽風運転に切り替わり、暑い昼間などは自動で冷房運転に切り替わります。
冬はサーキュレーターモードで、天井などにある無駄な熱を再利用する働きをします。
清潔にもこだわっており、内部の汚れを防止するハイブリッドナノコーティングを施しています。
比較的汚れやすいファン、通風路、熱交換器に特殊コーティングを行っており、埃を防ぐフッ素粒子と、油を寄せ付けない親水性薄膜をコーティングしています。

Just another WordPress site